ホーム > 彩寺記

彩寺記

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6
2019/10/25 (Fri)


先日、福井県のお寺さんからお十夜法要のお説教の依頼を頂き、久しぶりに福井県へ行かせてもらいました。

福井県は、私の祖父で当寺の先々代住職の生まれ故郷です。
小僧時代を福井のお寺で過ごし、昭和元年に当寺の住職に任命され、京都へやって来たのです。

先々代の出身地ということもあるのか、福井へ行くと、故郷へ帰ってきたような、どこか懐かしい感じがすることがあります。

会所のお寺さんでは、心温まる接待を受け、感謝の気持ちとともに福井を後にしました。


2019/09/20 (Fri)


暑かった残暑も落ち着き、
吹く風が少し軽く感じられるようになりました。

今日は秋の彼岸の入りです。
境内の萩の花も咲き始めました。

当寺の彼岸会は、23日の秋分の日に勤めます。
台風が近づいて来ているので天候が心配です・・・。

2019/04/03 (Wed)


墓地の奥にミモザの木があります。
毎年、鮮やかな黄色い花を咲かせていますが、
昨年の台風の時に半分折れてしまい、折れた枝は向かいの工場まで飛ばされていました。

今年、花が咲くか心配していましたが、
残った枝にいつものように鮮やかに

綺麗な黄色い花を咲かせてくれました。

2018/11/26 (Mon)


今年も残すところ1カ月余りとなりました。
毎年年末に、来年のカレンダーを檀信徒の皆様にお送りしています。
封筒には、カレンダーと一緒に年回表を入れています。

 

年回表とは、亡くなられた年と、何回忌が記されている表のことです。
この表を見れば、今年度、法事が回ってきているかどうかが一目でわかります。

法事が回っている家には、年回表に戒名札をつけてお知らせしています。
戒名札は、本堂にも月ごとに貼り出していて、皆さんに見てもらえるようにしています。

この作業を始めると、一年の終わりを感じます。


2018/10/18 (Thu)


   開門式の後、行道される猊下

10月14日。総本山永観堂にて、浄土宗西山禅林寺派管長、第九十一世久我儼昭猊下の晋山式(しんざんしき)が厳修されました。
晴天に恵まれた良き日。宗派内各寺院、寺庭婦人会、檀家総代様、来賓として西山浄土宗、浄土宗西山深草派、また知恩院、浄土宗系各本山、清水寺、南禅寺、法隆寺、唐招提寺など他宗派寺院様、関係者総勢約600人の参詣者がありました。

午前10時。開門式の後、色づき始めたもみじに囲まれた境内を、関係寺院、親族、お稚児さんと共に、本尊みかえり阿弥陀如来様が安置されている阿弥陀堂まで、雅楽が流れる中、ゆっくり行道されました。

阿弥陀堂で本尊阿弥陀如来様に晋山の報告をされて参詣者が待つ大殿へ移動。大勢の参詣者が見守る中、滞りなく法要が行われました。

晋山式の後、祝賀会が開かれました。
門川京都市長、西脇京都府知事、京都仏教会理事長、浄土宗宗務総長来賓の祝辞で始まった祝賀会も終始和やかな雰囲気の中、閉宴となりました。

当寺からは檀家総代様が、檀信徒代表として出席していただきました。



   大殿で晋山の疏を読まれる猊下

カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
浄土宗西山禅林寺派 常林院     〒601-8317 京都府京都市南区吉祥院新田弐ノ段町2-1     TEL.075-691-9658