ホーム > 彩寺記

彩寺記

[1]  [2]  [3]  [4]  [5]  [6]  [7]  [8]  [9]  [10
2019/08/02 (Fri)
 

月になり、お盆の準備がせわしくなってきました。
先日、お施餓鬼の施餓鬼旗(せがきばた)に使う竹串を竹屋さんで作ってもらいました。
青々とした竹は、まだ水気が多いので、2,3日乾かします。
その後、五色の色紙にさして完成です。

16日のお施餓鬼法要の後、お参りに来られた檀信徒さんにお配りします。
お守りとして、家のお仏壇や玄関にかざるのです。

 
       施餓鬼旗              施餓鬼棚

2019/07/11 (Thu)
 

毎年この時期に、境内の木々の剪定をしてもらいます。
三日間かけて、綺麗になりました。

ただ、八重桜が枯れてしまい、切ることになりました。
毎年、淡いピンクの花を咲かせてくれていましたが、残念です。

 
       八重桜




2019/06/30 (Sun)



縁(えにし)の糸が 紡(つむ)がれる


ご縁によって
この世に生まれ

ご縁によって
生かさせていただき

ご縁によって
寿命を迎え

仏縁によって
お浄土に往生する

無縁はない
有縁のこの世
2019/06/04 (Tue)
京都の西山に三鈷寺というお寺があります。さらに15分ほど山を上がっていくと、石の階段があらわれ、竹で囲われた三鈷寺北尾往生院(旧三鈷寺)跡が見えてきます。


   三鈷寺から京都市内を望む          北尾往生院跡

ここは浄土宗西山禅林寺派の派祖である、西山上人(せいざんしょうにん)が住まわれ、念佛の道場とされていたお寺の跡です。
毎年この時期に、京都府宗務支所が中心となって、青年会、寺庭婦人会、そして三鈷寺ご住職のご協力をえて、往生院跡の清掃活動をしています。
今年は、52名の参加者がありました。


    善峯寺山門                善峯寺の松

朝、善峯寺の駐車場に集合し、善峯寺の中を通らせていただいて三鈷寺へ。
三鈷寺にて西山上人の遺徳を偲び、法楽一会(読経)。その後、往生院跡へ出発。


       清掃前                清掃後

約3時間の清掃活動。
一年間積もった落ち葉や木々を取り除き、竹の囲いも新しくなり、すっかり綺麗になりました。
最後に法楽一会をし、下山しました。


      清掃後、法楽一会

2019/06/01 (Sat)



六月に入り、あじさいも大きくなり、次々と色づき始めました。
淡い色のあじさいたちは、梅雨の時期の楽しみの一つです。





<< 前のページ 次のページ >>
カレンダー
02 2020/03 04
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
23 24 25 26 27 28
29 30 31
ブログ内検索
浄土宗西山禅林寺派 常林院     〒601-8317 京都府京都市南区吉祥院新田弐ノ段町2-1     TEL.075-691-9658